MENU

ベンタの加湿洗浄システム

35年前、ベンタの代表が「エアウォッシャー」と言う言葉を初めて生み出し、その分野を開拓しました。単なる加湿器でも、単なる空気清浄機でもありません。

さまざまな悩みを解決する暮らしに密着した製品です。生活から学び取ったあらゆることが全面的にいかされています。

ベンタ エアウォッシャーは、フィルターパッドを使用しないで水で空気を洗う独自のシステムにより、室内の空気中に漂う不純物を洗浄します。不純物を本体にある水の入った容器に取り込み、さらに純粋できれいな水だけを気化する加湿方式で空気を最適な状態にします。

  • 常温気化式加湿:加湿しすぎないやさしい加湿、自然の原理で足りない湿度を空気中に放出します。(乾燥度合いに応じて目に見えない蒸発で加湿)
  • フィルターパッド不要:ベンタのフィルターは水です。汚いフィルターを廃棄する・機種に有った専用フィルターを探す手間も有りません。
  • ファン式なのに静かな稼動音:赤ちゃんの眠りを妨げません。
  • シンプルな操作:お子様でも操作できます。
  • パワフルな性能:1日24時間やすみなく少ないエネルギーで加湿し乾燥から守ります。
  • 安心設計:熱い蒸気は出ません、オゾンもホワイトダスト(カルシ ウムなどの白い粉)も出ません、振動で作動を停止する安全装置付き。
  • 優れたデザイン:倒れにくい形で、リビング・オフィス・子供部屋などどこに置いてもマッチします。

加湿の物理的原理

湿度とは空気中の水蒸気の比率を表します。湿度には絶対湿度と相対湿度の2種類があります。

絶対湿度は、空気中に含有可能な最大水蒸気量で、立方メートル当たりのグラム数(g/㎥)で表されます。

暖気は冷気より多く湿気を吸収できるため、この値は空気の温度によって変化します。従って、空気中の最大湿気レベルは冬季より夏季のほうが高くなります。

相対湿度(rF)は最大可能な水蒸気含有量に対する実際の水蒸気含有量の比率で、これはパーセントで示されます。空気が飽和状態になっている時の相対湿度は100%になります。

次のグラフと表は、温度と空気の最大可能含水量(絶対値)との相関を示しています。

例:
空気は20℃の温度で最高17.3g/㎥の水蒸気の含有が可能です。従って、特に寒い時期には屋外と室内の温度差が大きくなるため、積極的に室内の空気に給水する必要があります。25℃に暖房された室内の空気は23g/㎥の水分を含有できる一方、0℃の冷気は4.84g/㎥の水分しか吸収できません。寒い時期に窓を開けると室内の空気がさらに乾燥します。これは、湿気をほとんど含まない外からの冷気が暖められるとより多くの水分を必要とするからです。

°C \ rF 40% 45% 50% 55% 60% 65% 70% 75% 80% 85% 90% 95% 100%
- 5 °C 1,3 1,46 1,62 1,78 1,94 2,21 2,27 2,43 2,59 2,75 2,92 3,09 3,24
0 °C 1,94 2,18 2,42 2,66 2,9 3,14 3,39 3,63 3,87 4,11 4,36 4,6 4,84
+ 5 °C 2,72 3,06 3,4 3,74 4,08 4,42 4,76 5,1 5,44 5,78 6,12 6,46 6,8
+ 10 °C 3,76 4,23 4,7 5,17 5,64 6,11 6,58 7,05 7,52 7,99 8,46 8,93 9,4
+ 15 °C 5,12 5,76 6,4 7,04 7,68 8,32 8,9 9,6 10,24 10,88 11,52 12,26 12,8
+ 20 °C 6,92 7,79 8,65 9,52 10,38 11,25 12,11 12,98 13,84 14,7 15,57 16,44 17,3
+ 25 °C 9,2 10,35 11,5 12,65 13,8 14,95 16,1 17,25 18,4 19,55 20,7 21,85 23
+ 30 °C 12,12 13,64 15,15 16,66 18,18 19,7 21,21 22,73 24,24 25,76 27,27 28,8 30,3
ホーム > 製品情報 > ベンタの加湿洗浄システム